洋式トイレの温水洗浄便座から水漏れする原因と予防法

洋式トイレには温水洗浄便座を設置しているところが広く普及してきました。しかし経年劣化により機器の不具合が生じれば、水漏れなどの水のトラブルを起こしかねません。

■水漏れが起こる理由

温水洗浄便座は、トイレの給水管から分岐して便座内へ水を送り、温めた洗浄水をノズルから噴射する仕組みです。温水を出すノズルやパッキンをはじめ、複数のパーツで構成されており、接続箇所も多くあります。こうした部品が経年劣化によって不具合を起こし、水漏れにつながります。
またリモコン部は電気制御されているため、分解修理は自分で対処は困難です。機器や部品の交換を踏まえて、専門の水道業者に相談をしましょう。

■温水洗浄便座を長く使用するための方法

温水洗浄便座は電気製品のため、湿度やほこりなどに弱いです。そのため、こまめな換気と適切なお手入れが必要です。長期間家を空ける場合でも、換気扇を消さないようにしてください。
お手入れせずに使用し続けた場合、機器に尿石やほこりがついて故障の原因となります。傷つけない柔らかい布などを使って定期的に清掃を行いましょう。取れにくい汚れは、中性洗剤を含ませた布でやさしくふき取ります。ノズルには水垢がつきやすいため、引き出してお手入れをしてください。

■まとめ
いまや洋式トイレに温水洗浄便座は欠かせないものとなりつつあります。長く使い続けるためには適切な方法によるお手入れが不可欠です。また、万が一水漏れなどで機器の修理や交換が必要な場合は、信頼できる水道の専門業者に依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ