トイレつまりの原因と水漏れ予防法

トイレに異物を流せばもちろんつまりが発生しますが、誤った使用方法によって洗浄水の量が不足し、結果としてつまりを引き起こしている可能性があります。原因と予防法について知っておきましょう。

■トイレがつまる原因は?

ぺーパーを大量に流したり、トイレでは流せないものを使用すると、配管がつまり排水管 水漏れの要因となります。また、水量不足の場合でも途中までしか流れません。
例えば、タンクにペットボトルを入れるなど、節水対策をしているケースもあります。トイレには適切な水量で流れるよう設計されているため故意に水を減らすと水量不足となります。また、いつも小レバーで流すことも、流すものが多ければ水量が不足します。不適切な使い方をするのは、控えてください。

■正しい節水方法で水漏れを防ぐ

タンクの中に異物を入れている場合、発生するのは水量不足だけではありません。タンク内で異物が動いて部品に干渉することで、タンクの水が常に便器に漏れ続ける原因にもなりかねません。もしも節水を心がけるのであれば、タンクに物を入れるのではななく、正しく大レバーと小レバーを使い分けてください。また、トイレ自体が古くなっている場合は最新型の節水トイレに交換すると、大幅に使用水量を削減できます。

■まとめ
不適切な使用や機器の経年劣化などで、トイレのつまりが起こり得ます。それに伴い、排水管 水漏れの原因となります。エコや節水のつもりで行っていることが、もし間違っていれば本末転倒です。正しい節水方法で正しくトイレを使用してください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ