トイレの水漏れ?床が濡れている理由とは

トイレの床が濡れていることは意外と多いものです。原因は水漏れから結露まで考えられ、原因を特定するためには多くの場所を確認する必要があります。

■トイレの床が濡れる原因

トイレの床下に排水管があれば、ひび割れなどで排水管 水漏れが生じかねません。また、給水管も原因となることがあり、長年の使用で配管が劣化していると、水のトラブルを起こしやすくなります。
温水洗浄便座を設置しているケースでは、洗浄に使用する水が漏れて床に伝っていることもあります。便座の設置時における部品のサイズ違いや緩みによっても、生じてしまいます。特に自分で設置をした際には、注意が必要となります。

■床の水を放置すると危険

水の量がそれほど多くなく、雑巾やタオルで拭くと対処できるレベルなら、しばらく様子見も可能です。なぜなら水漏れではなく、タンクや配管についた結露しているだけのこともあるからです。特に水と室温の差が大きくなる夏や冬に起こりやすく、故障ではないため換気をよくするなどして防ぎましょう。
しかし、床が水浸しになるほど大量の水が出ている時は、すぐに対処しましょう。給水管が問題であれば止水栓を閉めて水が出ないようにしてください。便器と床の間からの水漏れは、便器を取り外すなどの対処が必要となり自分ではできませんので業者に相談することになります。

■まとめ
排水管 水漏れにより、トイレの床が水浸しになっていると状況に応じて早急な対策を立てる必要があります。階下などへ影響が出るかもしれないため、すぐに業者に連絡をいれて修理を行いましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ