トイレの排水管水漏れの対処法と注意点

トイレはつまりが原因で、排水管 水漏れが起こります。それぞれ予防や適切な対処法を覚えておくと、とっさの時でもスムーズな解決につながります。

■排水管からの水漏れが起きた場合

排水管にペーパーや便などの固形物がつまると、排水が難しくなります。放置すると排水管 水漏れの要因となり、トイレが使用できません。
自分で対処する場合は、吸引ラバーカップや真空ポンプを使います。どちらもつまりをなくす原理はほぼ同じで、便器のくぼみにカップを押し付けます。柄やレバーを上下に動かしながら圧力をかけると、固形物が吸い寄せられます。この際、お湯を使用するとつまりがほぐれやすい効果があります。50度から60度程度のお湯を300mlほど用意し、便器内に流しましょう。

■つまりを取り除く時の注意点

この方法は水溶性のものが原因の場合のみ有効です。例えば、おむつなど吸水性のあるものや、携帯電話やボールペンなどの小物が原因の場合は、さらに奥に流れることがあります。便器の中に留まっている状態であれば、業者を呼んで便器を取り外すだけで済むこともありますが、それより奥に流れた場合は大掛かりな作業が必要となり、解決が困難になる恐れがあります。


■まとめ
トイレの排水管 水漏れは、放置するとつまりなどの水のトラブルを大きくしてしまいます。ラバーカップなどで対処することも一つの方法となります。しかし、間違った方法ですると、二次被害を起こしかねませんから注意しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ