トイレの便器が水漏れしても慌てないためのポイント

トイレの便器本体は、陶器で仕上がっており丈夫な素材で製造されています。しかし、外からの衝撃などでひび割れが起こる可能性があります。水漏れ 修理をせずに放置すると、被害が大きくなり、トイレだけでなく建物全体に被害を与えかねないため早急に対処します。

■応急処置をする場合

ひび割れが生じるなどのトイレの便器におけるトラブルは、新品への交換が基本です。しかし、便器の交換となると費用が膨らむことはもちろん、メーカーや製品も数多くあるため即断即決は難しいでしょう。
水漏れ 修理で応急処置をする際、防水パテやコーキングを用いて行います。ひび割れ部分に水滴があれば拭き取り、防水パテを練り込みます。自然乾燥をさせて、乾いたら完了となります。ただし、使用するための処置ではないめ、交換するまではトイレを使用できません。

■新しい便器の選び方

便器の交換をする際は、便器と便座をそれぞれ組み合わせるタイプと、一体型となっているタイプがあります。例えば便座を交換したばかりの場合は組み合わせタイプを選び、便器だけを交換するといいでしょう。便器と便座は別々のメーカーを組み合わせることもできます。
タンクレスタイプは空間内を広く使うことができるため人気ですが、水圧が低い場合は不向きです。専用ブースターも一緒に取り付けるなど対策が必要になります。

■まとめ
トイレの便器がひび割れによりトラブルが生じたら、応急処置を行うと水漏れが続くことがないためゆっくりと交換予定の便器を選ぶ時間を作れます。新しい便器を選ぶ際は、どのようなタイプが向いているのかしっかりと考えて適切なものを選んでください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ